中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
凍頂山熟烏龍茶
tr20060401-01.jpg


最近なぜだか、ちゃんと焙煎してあるお茶がうれしく感じる。昔は結構にがてたったので、Formosa Tea Connectionの留美さんなどは、いまだに僕が焙煎の強いお茶を苦手としていると思っている。

で、凍頂烏龍の中焙煎ぐらいのを食後に本を読みながら飲むのが舞いブーム。ちょっと前までは、尾張一宮 お茶の福壽園凍頂古早味烏龍茶を飲んでいた。これは比較的リーズナブルな値段なのだが、うまい。これはなくなってしまったので、今新しいのをオーダーして、飲み始めた。

そんな中で、先日遊茶のまきさんから、これお勧めといって出していただいたのが「凍頂山熟烏龍茶」。2005年春のお茶にやや強めの焙煎を施したお茶。1煎目はやや雑味が出るのだが、2~3煎目からがらっと表情が変わり、伸びやかなお茶に変身する。

がぶ飲み烏龍ではないけれど、でも、大き目のマグでぐびぐびと飲みたくなるお茶だった。

最近、こういうお茶好きなんだなあ。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック