中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
お茶の包装-廣方圓
20050202225217.jpg


去年東京にサロンとしてオープンした廣方圓。もともと台北にある比較的新しいお店の日本の代理店。Formosa Tea Connectionに似たサロンワークスとネットでのお茶販売する形式を採用しているが、一度遊びに行くと、その居心地の良さに結構嵌る。Formosa Tea Connectionのようにこれでもかというほどお茶はでてこないが、自分で数種類はセレクトできる。お茶の試飲と軽食で会費を支払う仕組みであるところがFormosa Tea Connectionと違うところ。

ここのお茶は結構好みだ。中焙煎ものも清香系も程よく取り揃えた品揃えも嬉しい。台湾のオーナーがプーアル好きということもあって、雲南省の野生茶もそろっている。

じつは、最近ここで良いものを発見。梨山のティーバッグだ。これはここの目玉商品である梨山を砕いたものがティーバッグにされているので、手軽においしいお茶が楽しめる。しばらく身軽な旅行や出張の時に重宝しそうだ。

ところで、廣方圓のお茶のパッケージがなかなかおしゃれなのだ。ティーバッグが入ってるのは、四角い缶。さらにそれが紙のパッケージに入っている。デザインもシンプルながら目を惹く仕上がり。

お世話になっている比較的若い世代の上司には、こんな贈答品がよろこばれるんだろうなあという、そんな感じがする。うん、たしかに贈答品でももらったら嬉しいぞ。(笑)

たしかに包装にお金をかけず出来るだけ安く茶葉を提供するというお店もあるが、一方で、やはり高級なお茶なのだから、それなりに包装にも気を配ってというお店も嫌いじゃない。

高くてまずいお茶がそっけないパッケージだったり、ごてごてと過剰包装であるのは許せないが、この手のお茶は、やはり嬉しいものだ。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
営業用のトラックバックをしてしまいました。
申し訳ありませんでした。仕組みがよくわかっていなくて。。。
2005/02/05(土) 00:04:28 | URL | 木村高幸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。