中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
餅茶がやってきた
tr20060116-01.jpg


部下のN氏は中国人の女性と結婚している。そのN氏が昨日僕の部屋にやってきて、「これ、妻が中国の南の方に行ってきたお土産なんですけれど、中国茶がお好きだときいたものですから、現地の中国茶専門店の知り合いが譲ってくれたのだそうです。」そういって、プーアルと書かれた袋を置いていった。

袋の中には立派な化粧箱に入れられた雲南七子餅茶が。

中国雲南省西双版納[孟力]海茶廠のもの。「益字」のお茶といえば中国でも名門とされているらしい。よくはしらないが。

こういうお土産はわけもなく、うれしい。まるでおもちゃを与えられたような子どもの気分。そのうち、みんなで飲みましょう。


tr20060116-02.jpg




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
遠慮しがちに。。。
そのお茶会、参加したいですぅ。。。(✿◡‿◡ฺ)

麻布の海風號のご主人から戴いた
お茶もお持ちします!
他にもいろいろ。。。*^▽^*
2007/01/21(日) 10:20:53 | URL | 藤原寛子 #-[ 編集]
まだ予定たててませんが、ぜひ!
藤原さん、コメントありがとうございます。

おいしいお茶かどうかは、飲んでみないとわからないという、この手の茶のリスクがありますが、和って飲むときにはぜひ、ご参加ください。

ただ、最近お茶会の場所がないんですよね・・・。如意庭なくなっちゃったしなあ・・・。
2007/01/22(月) 08:09:41 | URL | tearecipe #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック