中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
工芸茶はおいしいか?
b20040110.jpg


工芸茶、一昨年からたびたび飲む機会に恵まれている。
僕が景品にだして、中国茶ビンゴで茶さるさんがGETしたいくつかの工芸茶は、比較的オーソドックスなもの。

ものすごく甘い香り。
むせ返るくらいの甘い香りって・・・ちょっと想像できないくらいにあまい香り。


茶猿さんが日記に書いている「白蘭花牡丹」だけは、ビンゴ賞品の工芸茶の中でちょっと異色だ。黄山の工芸茶は、基本的には花の香りをつけていないものが多いのだが、あの白蘭花牡丹だけは、まるで福建省の工芸茶のように香り付けされているのだ。しかし、上品に香りつけされているので、緑茶の味わいもそのまま楽しめる上等なお茶ではある。

個人的には、工芸茶は、香り付けして味でごまかしてはいけないと思っている。やはり見た目だけではなく、その茶葉の質で勝負すべきなのである。当然良い茶葉を使うと、きれいな茶葉が多いから見た目もきれいになる。しかし見てくれにだまされるだけでは、ぜんぜん工芸茶はおもしろくない。

「きれい+うまい」で勝負している工芸茶こそ、本来あるべき工芸茶だ。見た目はきれいなんだけどなあというようなものは、買わなくてよろしい。きれいだけど、おいしいね!というお茶こそ、購入すべき工芸茶のである。

工芸茶なんておいしくないから買わないよという人は、本当の工芸茶を飲んだことがないのだときっぱりと言わせてもらう。工芸茶はおいしいのだ!

なぜなら、工芸茶作りは職人技だ。熟練の技。良い茶葉をきれいに束ね、おいしく仕上げるのは匠の技が要求される。そんな匠の作ったお茶がおいしくないわけがない。

だが残念なことにべらぼうに値段が高い。中国の労働価値が安いといっても、それなりのおいしい工芸茶は高い。値段が高いのは仕方がない。匠の技だ。それは日本でも同じことだろう。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック