FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
茶壷の入浴
b20040112.jpg



潮州式の工夫茶の入れ方。
最近の茶藝からすると、結構がさつで、手際も荒い。茶壷もきちんと養壷しようというのではなくて、ほうっておけば、そのまま自然に養われるというのを基本としているような手法。でも、そんな淹れ方って、結構好きだ。

とくに、茶船の中に茶壷をおいて、上から湯をジャブジャブを注ぐやり方。その結果、茶船のなかで、茶壷は入浴することになる。

丁寧に養壷しようとすると、嫌われるこんなやり方。入浴させるときの湯の線が、茶壷に付くのを嫌がる人が多いからだ。でも、茶壷なんて使って何ぼ。使われない茶壷なんて、僕には価値があるとは思えない。使われるために生まれてきたものは、使われるべきではないか。

そんな茶壷をしっかりと使う方法としての、潮州式工夫茶。じっくりと[火共]焙された鉄観音をこんなやり方でひがな一日飲んでいたいものだ。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック