中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
湯をかける行為
b20040129.jpg

お茶を入れる時に、茶壷に湯をかける。多分中国茶独特の煎れ方だと思う。今時ではあまり言われなくなったが、以前友人に「おまえ中国茶好きなんだってな。あの急須に湯をかけるやつだろ」と良くいわれたものだ。

なんとなく、中国茶を淹れる一連の作業の中で、この湯をかける行為というのは「独特」の行為で、個人的には面白いとおもっているし、多分おいしく淹れるやるかたとして、これからも続けるんだと思う。

がしかし、茶壺の上から湯をかける効果の真偽は、本音ベースではちょっと疑問に思っている。

真冬の冷え切った室内で茶を淹れるのなら、湯をかける行為はそれなりに意味を持つかもしれない。案外湯は冷めやすいものだ。だけど、普通の室温で、茶器をきちんと暖め、沸騰した湯でお茶を淹れる場合、保温効果を増すために上から湯をかけることが、どれほどの効果を発揮するのだろう。

湯を入れてから茶を注ぐまでの時間なんて、ほんの1分程度の時間。茶壺は保温性が磁器などに比べて優れているので、熱湯を使えば急激に温度が下がるということはそうそう考えられない。それに多くの紫砂の茶壷の場合は、一定の厚みをもっているので、断熱性もあるはずだ。

例えば紅茶の煎れ方には、キルトなどで作られたポットをすっぽりと包めるTEA COSYというもので保温をする。考えるに、紅茶の場合は、ポットが大きいので空気に触れる面積が大きいため温度低下が早い、ポットの素材が磁器であることから、保温性が低い、紅茶は蒸らし時間が中国茶よりもはるかに長い。したがって、このような保温策はたしかに効果がある。

日本茶の場合は、中国茶と似たような素材の急須を使うが、そもそも緑茶なので、高温ではほとんど淹れないので、ポットの保温策は全く考えられていない。

もちろん、湯をかけたほうがより保温性が確保されるだろう。だけど、こんな短い時間でそんなに急激に湯の温度の低下があるとは思えない条件の中で、あえて湯をかける行為をすることは、なんだか味わいや香りの面では無だな行為なのではないかと思えてしまう。(一度Tokyo中國茶倶楽部で取り上げてみよう。)

いったいいつごろから、こんな湯をかける行為が行われてきたのだろう。潮州工夫茶のやり方だと、茶壷そのものを湯につけてしまう。ずうっと飲みつづける場合には、とにかく湯をふんだんに使い、常に茶壺を冷めないようにする。ここまですれば、多分意味があるのかもしれない。でも、僕たちが普段やっている淹れ方では、効果はいかほどのものか。

と、いままで批判的なことを書いてきたが、冒頭に書いたように、僕はこの「湯をかける行為」は結構気に入っている。味わいや香りの面で科学的にそれほどの意味を持たないものであっても、多分僕にとって湯をかける行為は、湯を注ぎながら「美味しくはいれ」と念じているのと同じような、そんな意味合いの行為なのかもしれない。

だから、「なんで湯をかけるのですか?」と聞かれた時、僕が「おいしく淹れるため」とこたえるのは、おそらく中国茶の講師という肩書きを持った方々とは、かなり違う意味合いの答えなんだとおもう。

でも、そういう非科学的な部分って、結構大事なんじゃないかな。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
こちらでははじめまして( ̄∇ ̄)ノ♪
気持ちの込め方というのかなぁ、こーいう考え方好きです。
私もケーキを焼くときに、オーブンに入れる際、「美味しく焼けますように!」と心の中でつぶやきますし。
「おまじない」みたいなかんじでしょうかね?(癶_癶)
余談ですが、大阪市水道局発行のPureというフリーペーパーの新春号で中国茶藝の記事がありました。読んでいて、いつか自宅でも楽しみたいなぁと思いました。
2004/01/30(金) 13:49:08 | URL | copecopen #79D/WHSg[ 編集]
「湯をかける行為」大好きです。
それが気に入ったから中国茶が好きになったんじゃないかと思うくらい、茶器のかわいらしさと同じくらい好きです。
先日あるお友達にお茶を淹れてもらったのですが、それこそ「湯をかける行為」を熱心にされる方で、ちょっといっくりしましたが、お茶はとても美味しかったです。
それを見て以来、更に熱心にお湯をかけるようになりました。
竹茶盤が浮いてきちゃうのが悩みです。(笑)
2004/01/30(金) 16:37:43 | URL | 茶さる #79D/WHSg[ 編集]
>>copecopenさん
こちらでも、よろしくおねがいします。なんだかあちこちでいろんなこと、かいてるので、顔出し過ぎ!!!という感じですが、お付き合いいただけると。
がしかし、本当はインストラクターなる肩書きを持っている人間がこういうことを言ってはいけないのでしょうね。でもでも、蓋碗で茶を入れるときには、ではなんで湯をかけないの?とか、おもってしまうと、必ずしも科学的にも実際の味わいなどでもそんなに大きな違いはないだtろうと思ってしまうわけです。でも湯をかける行為はだいすきなので、これはもう、copecopenさんおっしゃるように「おまじない」なのでしょうね。
そういえば、大阪市の水道局だったか、その関係者にお茶好きの知り合いがいます・・・。彼の影響か?!
>>茶さるさん
では、こんど、お茶を是非いれてくださいませ。楽しみです。お風邪なおったのでしょうか?
次回のTCCは、安渓鉄観音ですぜ!
2004/01/31(土) 08:24:43 | URL | ひらた #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。