FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
水の影響
b20040212.jpg

お茶を淹れるときに影響を受けるものとして、必ずあがるのが水。水の質によって茶の味わいが変わるのは、至極もっとものな事だ。なにしろ、茶湯の成分のほとんどが水分であるからだ。

ところが、問題となるのは、多くの場合、「軟水」か「硬水」かということになってくる。軟水か硬水かの基準は、水に溶けているミネラル成分。で、この硬水か軟水かという違いで何が問題なのかというと、茶葉から抽出される成分の水(湯)に溶け出す度合いが、ミネラルの含有によって異なってくるという点なのだろう。

たしかに、硬水の方が一般的には茶葉の成分が溶け出しにくく、同じ時間だけ茶葉を浸していても、茶の色が薄い場合が多い。茶の科学も多くの場合、この点に触れる。

にもかからわず、軟水硬水の飲み比べをする人たちのコメントとして多いのは、この茶が飲みやすかったかどうかという点なのだ。つまり、「硬水で淹れたお茶は、なんとなくリリカルで、硬水独特の硬さがあって、結構口にあった」とか、「軟水だと、なんとなく、ふんわりとして、やさしい感じだった」というのが多いのだ。

これは硬水軟水の茶葉成分の抽出力の問題ではなく、そもそもの水の性質によるところの問題なのではないかとおもうのだ。

つまり、そもそもの水質が、その茶葉の成分と融合して、茶湯となったのちも、その水にもともと含まれている化学成分が大きく味わいに影響を与えるということなのではないかと思うのだ。

たとえば、鉄分の多く含まれた茶は、なんとなく丸くなるということがいわれる。これも、鉄分がタンニンと融合して色は悪くするが、逆に渋みの成分タンニンと反応するので、渋みが緩和される。また、硬水の水に多く含まれるカルシュウム分は、時として茶の成分と融合する場合もあるらしい。

したがって、茶に適した水というのは、まずは、そのままでおいしいかどうかというのも重要な要素ではないかと思う。

ただし、水のまま飲んでおいしい水が必ずしも茶を淹れると茶と合わないということもあるから、水の世界もとても奥が深い。

いまだ良くわからないのは、なぜ酸素を多く含んだ水が茶に適しているかということ。汲み置きの水でも十分茶はおいしく入るし、ジャンピングさせる必要のない中国茶に水の中の空気の含有量が味に大きく作用するとは、あまり考えにくいのだが・・・。

まだまだ、水に関する探究は大きな興味の対象である。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
汲み置きの水の方が中国茶に向いてると私は思ってました。勉強不足だなあ…。
でも、常温とお湯ではまた感じが違ったりもしますよね。水はやはり奥が深いです。
2004/02/15(日) 22:08:34 | URL | #79D/WHSg[ 編集]
黄さん、こんにちは!コメントありがとうございます。
中国茶の場合は、汲み置きの水で、本当においしく入るので、フレッシュウォーターの意味合いって、なかなかわかりませんよね。特に、岩茶房のお茶を、あそこの水で飲むととてもおいしい。あそこも汲み置きです。
でも、中国茶の世界でもフレッシュウォーターがいい!といわれてもいますよね。なんでだろう。空気がたくさん含まれているメリットはどこにあるのでしょうね。
おっしゃるとおり、水の状態とお湯の状態もまたちがうというのはご指摘のとおり。
麦飯石をいれるとよいとか、クラスターが小さいほうがいいとか、お茶を淹れる水については、陸羽の時代から様々な論争?!がありますので、本当におくが深いお話ですね。
黄さんのサイトも、最近よく拝見しております。引き続きよろしくお願いします。
2004/02/15(日) 22:20:17 | URL | ひらた #79D/WHSg[ 編集]
見ていただいてるとは恐縮です。
雰囲気優先のお茶好きなので、他の方の真面目なブログには頭が下がります。
遊笛茶房さんには常々お世話になっておりますし。
そんなわけで正直味のことはわかりません。
ただ、古の文人のごとく、良い水を求め、山にわけいり、野点をする事には憧れます。
汲みたての新鮮な水で飲む茶会は愉快なんじゃないかなあと想像してみたり。
2004/02/15(日) 22:57:18 | URL | #79D/WHSg[ 編集]
はじめまして、このページとAAJ、遊笛さんはいつも注目しています。ちょうど自分も水のことが気になって素人なりに情報収集していたところです。気にしすぎるのもアレですが、日本の常識ではお茶に適さない硬水が場合によっては美味しく感じるという話、色々と試す価値はありそうですね。
2004/02/16(月) 00:53:14 | URL | しながわ #79D/WHSg[ 編集]
>>黄さん
たしかに、奥山にわけいって、渓流の水でおいしいお茶を点てて楽しむという会をしてみたいものです。でも時間が・・・。(笑)
>>しながわさん
こんにちは!AAJもご覧いただいているとのこと。ありがとうございます。なかなか更新できずに、心苦しいのですが・・・。こちらは個人のサイトなので、結構、おもっていること、そのまんまに欠いてしまったりして・・・。(笑)
むかし、軟水と硬水を紅茶でのみ比べというのをしたことがありますが、思いのほか、硬水も評判が良かったのです。特に若い方に。私のところでも、こんど水の違いでどれだけお茶の味わいが変わるかを、実験してみようと思ってます。紅茶のリンアンさんあたりは、この辺、プロですね。
2004/02/16(月) 08:07:21 | URL | ひらた #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック