中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
養壺台
b20040224.jpg

養壺というのを、あまり意識してすることはないのだが、お気に入りの茶壺は、丁寧に取扱いたいとも思う。だから、茶船を使う場合は大抵、壺敷という陸羽の茶芸で使う布でできた丸い敷物をしくか、あるいは、「養壺台」と呼ばれるものを使う。

この養壺台、はじめて見たときは、「剣山か?」と思ってしまったという形状をしている。いわゆるプラスチックの台なのだが、細い針状の突起が沢山出ていて、穴が開いているため、湯を上からかけてもちゃんとしたに抜けるのだ。

そもそも、これ、なんの為につかうのかというと、「養壺台」とあるように、茶壺をきちんと養う過程で使うということになる。うーん、分かりにくい説明だなあ。ようするに、茶船に茶壺を入れて上から湯をかけると。通常茶壷は、水没する。そうすると、湯の表面と茶壺の腹の接する部分に線がはいってしまうのだ。それを防ぐのが養壺台。

この上に茶壺を乗っければ、湯は下に抜け、茶壺が水没することもない。しかも茶壺の底に触れる部分もポイントでの接点となるので、茶壷への影響は最小限に留まるという仕組み。

なかなかの優れものであるのだが、難点は、そのデザイン。なんとも無骨なこのデザイン。もう少しどうにかならないものだろうか。折角素敵な茶舟を使っても、この養壺台だとなあ。結局これを使うときは,紫砂の茶船を使うしかない
のが、かなしいところ。まあ、安いから許してしまうのだけど・・・。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。