FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
大振りの急須
b200403051.jpg

地肌の光沢のすばらしい茶壷がある。この地肌の美しさは何時までもみつめていたくなる種類のものだ。

一つは李昌鴻大師のもの。そしてもう一つが徐秀棠大師のもの。だから、どちらも手に入れることがためらわれるほど高級なものである。

これらの茶壺に共通なのが、そのサイズが大きいことだ。まるで紅茶のポットのように大きい。これらの茶壺は、明らかに「鑑賞すること」が目的で作られているのではないかと思うほどである。

b200403052.jpgじっさい、工芸品としての茶壷の価値は、大きいものの方が確実に高くなる。大きいから細かい造作もしやすく、持ち味も発揮しやすいという点があるのだろう。

僕たちが普段使っている小さな茶壷では、表現しきれない持ち味を、大きなサイズの茶壺では、出しやすいのかもしれない。事実、小壺よりも明らかに地肌の光沢の面積が大きいため、全体にしっとりした印象を得ることができる。

こういう茶壺たちは、ときどき、飾ってあるところへいって、じっくりと目の保養をさせてもらうのが良いような気がする。きっと、「使うもの」としての茶壷としては、もてあましてしまうに違いないから。





にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック