FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
分前茶-台湾龍井(2004年春茶)
b20040314.jpg

今日は台湾龍井の新茶にトライ。このお茶は大陸の龍井とはまるで違う形。もちろん、製茶法は鍋で押しつぶすという意味では似ているかもしれない。

形が違うように、味わいも違う。もっと感覚的には泥臭いというか、まだ未完成というような印象のお茶なのだ。龍井の製茶法の初期の段階で台湾に製茶法が伝わって、本家の龍井が進化する中で、そのままの状態が維持されてしまったような。

それって、まるで宋代に日本に伝わった抹茶法のようだ。もちろん、日本における抹茶法はどんどん進化して、一方の中国における抹茶法が途絶えてしまったのとは、ぜんぜん違うのだけれど。

b200403142.jpgこの台湾龍井、かなり長細い。緑の濃さも断然濃い。味わいもややディープだ。

このお茶も、台湾碧螺春と同じように台湾の三峡で作られる。品種も同じく黄柑。製茶法の違いなのだ。でも、この製茶法の違いが決定的に味わいを異なるものにする。ややタンニン分を多く含んでいるような印象を受けるのは、単なる気のせいだろうか。

台湾の緑茶の新茶を他のお茶よりも早く飲むなんて、ちょっと今年の緑茶の楽しみ方が例年と違ってくるかもしれないなあ。楽しみ楽しみ。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック