中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
蒙頂黄芽
b200404112.jpg

黄茶というのが美味しいと思ったことは、実はそんなにない。以前、布目先生が亡くなられる2年ほど前に君山銀針を見にいかれたのだが、その時に同行されたラ・メランジェの松宮さんから、「こんな君山銀針あったんですよ」とおすそ分け頂いた柑橘系の香りのする君山銀針ぐらいだろうか。

何故、黄茶をおいしく思えないかというと、恐らくその製造工程に問題があるのだろう。しかし、この製造工程を経ないと、黄茶は出来あがらないというから厄介なのではある。つまり、「悶黄(メンファン)」という工程だ。

一度、酸化発酵を止める「殺青」を行って一定の「揉捻」をした後、高温多湿の場所で茶葉を堆積させ、ゆっくりと発酵させるという工程が悶黄と呼ばれる。この工程によって、明瞭に味や香りに違いがでる。なんとなく、くすんだ味になる。

むかしから、どうしてこんな鰹節のような味のお茶が中国では飲まれているのだろうと思っていたのだが、確かに多くの黄茶は、緑茶とは違うアミノ酸系の味わいがより軒著に出るように工夫されたお茶のような気がする。

さて、一番個人的に親しみのある黄茶は、四川省の「蒙頂黄芽(Meng ding huang ya)」。中国の喫茶発祥の地といわれる四川省でも、かなりの歴史をもつ蒙山の麓で作られる蒙頂茶。恐らくはじめは、蒙頂甘露という緑茶が作り始められたのだろう。その中でも優良な黄芽と呼ばれる芽のお茶(唐代からの歴史のある茶だが、当時の茶の製造法上、これは黄茶出は無かったはずである。)が、いわゆる黄茶になったのは、以外に新しいといわれている。

味わいは黄茶の中でも飲みやすく、緑茶に近い味わいといえるだろう。良いものになると、甘味のある花のような香りも感じることが出きる。だけどなかなかそんな極上のお茶に出会えることが少ない、奇妙なお茶でもある。もっとも、これはなあ・・・と思うものでも、他の黄茶に比べると、なかなかに嵌るお茶ではある。


TOPICS:最近、四川省では、同省産の茶のブランド化を積極的に進めており、今年9月に蒙山で開催されるフェスタでも100グラム15600円という蒙頂茶を販売するらしい。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック