中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
大仏龍井
b200405031.jpg

今古茶藉の簡さんが送ってくださった大仏龍井。

浙江省各地で龍井が作られているのは、結構知られてるお話。西湖龍井がその代表選手であることはみんなが知っている。そのほかに、会稽龍井とかがある。そしてこの大仏龍井もその名を近年とても知られているお茶だ。

作られているのが、浙江省紹興市新昌。だから新昌龍井とも言われるのだ。10年ほど前に、杭州の龍井の苗を新昌に移植して、その後改良を行った結果、この数年で広く出荷できるようなお茶ができあがた。これが新昌の大仏龍井なのだ。

大仏龍井は、化学肥料と農薬の使用が禁止され、全面的に有機肥料と生物農薬を使用するオーガニックティーとして生産されていることも知られ始めている。

何で「大仏」の名前が付されているかは、現地へ行けばすぐわかるらしい。ここには、大仏の立っている寺「大仏寺」があるのだそうだ。

でも、僕の興味は、ここで、たくさんの日本向け煎茶が作られているという事実かな。







にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。