中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
大和撫子
b200405062.jpg

たまにはじっくりと日本茶を味わうのもよいものだ。僕の場合日本茶に関しては完全に「好き」なお茶しか飲まないので、あまり多くのお茶を知っているわけではない。もちろん、飲む機会はいろいろとあるので、いろいろと口にしているものの、中国茶のように首を傾げてしまうようなものでも記憶に留めようという努力は全くしない。だから、どこのどのお茶を飲んだかなんていう記憶も「おいしかった茶」しか残らなくって、何処産のお茶の特徴はどうかなんていう知識はあまり持ち合わせていない。

おいしいと思って飲むお茶には、香りと味わいの太さが共通してある。たとえば奥八女の矢部村から毎年届く栗原さんのお茶。これは香りがたまらない。そして八女茶独特の味わい。このお茶が僕にとっての日本茶の定番だろうか。味がシンプルな深蒸しの煎茶を飲んでいる人に比べてかなり好みが特殊かもしれない。

あとは南信州は赤石山脈で作られる「海久保」とか宇治田原の「雁がね茶」とかも好きなお茶の一つ。

b200405061.jpg

ところで、この日本茶も記憶に残るものの一つ。名前は「大和撫子」。たしか静岡産の緑茶だったと思う。細長く針のような茶葉がとても印象的だったこのお茶は、古くからの茶友である萬千吉茶坊のオーナー母娘から届いたものだった。

少し低めの温度で入れると美味しいときいたので、じっくりと常滑の急須で入れて楽しんだ。中国ではなぜか「生臭い」とされる蒸し煎茶は、しかし深みのある味わいがあるので、僕には全く生臭く感じない。習慣や食生活など、風俗の違いが味覚にもたらす影響は非常に大きいけれど、このような感じ方の違いも、そんなところに起因するのだろうか。この低温で入れたときの甘さと深みは、僕らだけが感じ取ることのできる日本人の特権かもしれない。

大和撫子の名前のとおり、見た目の美しさに、芯が一本通った深みがある美味しいお茶だった。またこんなお茶にであえるだろうか。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック