FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
阿里山鉄観音
b200405311.jpg

阿里山といえば、高山茶の代表的産地。

青心烏龍で作られた高山茶がメインなのだが、最近では金萓茶も沢山作られるようになり、阿里山金萓茶の名前もかなり浸透したようだ。強く揉捻しない包種茶などもつくられるようになり、阿里山佛手なんてのもある。いろんな試みがされているという印象が強い。

ところで、この阿里山でも鉄観音が作られている。見た目は木柵のように茶色くない。やや褐色がかった部分もあるようなので、茶葉をみただけだと、中火のお茶かなと感じる。

日本ではまだあんまりお目にかかる機会は少ないのだが、台北では、回留などの茶藝館にもおいてあり、それなりに知られているお茶のようだ。

この阿里山の鉄観音は、廣方圓のもの。先日東京に廣方圓・仙境サロンがオープンする際の、内覧会のお土産でもらった物。

発酵や焙煎が比較的しっかりとしたお茶なのだが、やはり特徴は、青心烏龍のようなすすがすがしさよりも、どっしりとした濃厚な味わいが全面に立つお茶だった。口に残る味わいは、木柵の正叢鉄観音に近いので、品種も鉄観音を使ってるのかもしれない。

例えば、Formosa Tea Connectionで扱っていた清境鉄観音は、台茶5號を使って鉄観音の製法で仕上げたものだという。また、千年茶館奥萬大鉄観音は、鉄観音種で軽く仕上げたものらしい。まだまだ、こういうあまり知られていない面白いお茶が沢山台湾にもあるのがうれしい。

これは完全に嗜好の問題なのだけど、個人的には、阿里山のお茶は、オーソドックスな高山烏龍茶がいいなあと思う。もちろん、これはこれでおいしいお茶ではあるのだが。

阿里山のお茶といえば、三宝園の春子さんのところに顔をだしてないなあ。久しぶりに行ってみようかな。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック