中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
暴暴飯焦
b200406011.jpg

日本ではなかなか入手できない大好きなお茶請けに「暴暴飯焦」がある。香港のスーパーとか、かの茗香茶荘に行くと購入することができる。

英語標記は「Bo Bo Cracker」だ。姉妹商品が、かの有名な暴暴茶なのだが、何故同じ名前なのかは定かではない・・・。(笑)

このお菓子、いわゆるお米を揚げた「おこげ」のようなもの。日本のお菓子に喩えると、まるで味はちがうが、「おこし」のようなおのだろうか。中華料理のおこげに近い。

原料を見てみると、米、シロップ、豚肉を 細かく刻んだもので極めてシンプル。でもこれが妙に癖になるのだ。微妙に甘味がついていて、大きさもてごろだからがんがん食べられてしまう。

2種類あって、もう一つのほうは、「素」とかいてあるので、豚肉は使用されていない「ベジタリアン」仕様。のりがかっている。健康に配慮したこんなお菓子までつくってしまうとは、さすが、「蔡瀾監製」だけのことはある。

食べながら、ああ、なるほど、これは暴暴茶用の茶請けなんだと思った。プーアールに良くあう。これ食べながら梨山飲んで、ああうまいといったら、くんしゃんさんにおこられるだろうなあ。(爆)




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
だから、怒りませんって、人聞きの悪い(笑)。(どっかで聞いたフレーズだ)
僕だってドライ納豆とか茶請けにしてるんだから。
ただ、変な味がしたら教えてくだされ。
2004/06/01(火) 14:17:19 | URL | くんしゃん #79D/WHSg[ 編集]
「暴暴飯焦」には、もう一つバージョンがあります。
赤いラベルの包装で「大干辣雞」 Bo Bo Spicy Chiken Cracker と書いてあり、 スーパーで買ったようです。
さてお味の方は(…と、袋を開けて初めて食べてみます)
一瞬、甘い?と思いきや、、きましたきました、辛みがピリッ!
喉の両側にしみます。(今、風邪っぽいので。)
チキンの風味は辛さにまぎれてあまりわかりませんでした。
どうも、私の好み的には ふつう>素>辣 のようです。
2004/06/02(水) 15:49:56 | URL | MOMO #79D/WHSg[ 編集]
>>くんしゃんさん
ああ、怒らない・・。うれいし・・・。(爆)
でも、個人的には、梨山にはぜんぜんあわんとおもいます。別々に楽しむものかな。
>>MOMOさん
大干辣雞って、しりませんでした。食べてみたい。で、僕も ふつう>素 の順番ですね。素がおいしいです!先日の香港で購入してきましたが、この写真はMOMOさんにいただいたものです。その節はありがとうございました。
2004/06/02(水) 22:51:59 | URL | ひらた #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。