中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
茶杯に茶葉を入れる
b200502271.jpg


最近自宅でお茶を飲むときは、この茶杯ばかり。茶杯と言うよりも茶碗の大きさ。普通の蓋碗一杯分のお茶が入る。

これに茶葉を若干少なめに入れて熱湯を注ぎ、そのままおいておくと、しばらくすると茶場は沈んで、ちょうど飲むには良い状態になる。

なんとも手軽でよい方法だ。

茶壷をあまり使わない僕は、こんなやり方で茶を入れて、PCの横に置き、ネットを旅する。あちこち巡っているうちに、いつの間にか茶杯が空になっていることに気づくと、再び湯を注ぎ、さらに飲む。

気軽で楽しい。ふと目が疲れたときには、茶葉に目をやり、ふむふむ、今日のお茶はこんな茶葉なのかとそれも楽しむ。

だから、この茶杯は、いま手放せないのだ。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。
平田さん、
2005/03/01(火) 01:54:12 | URL | hanacha3 #-[ 編集]
こんばんわ。平田さん。この茶杯、お好きですね。私もこのFTCの茶杯、欲しいのですが、最近、楽人居さんから、大量に茶葉を購入してしまったので、我慢の日々なのです。
あー、でもやっぱり、この茶杯、使い勝手が、良さそうですね!
2005/03/01(火) 01:58:46 | URL | hanacha3 #-[ 編集]
そうなんです。ちょっとこの茶杯は手放せません。いまもこれでお茶飲んでます。(笑)
僕も楽人居さんからお茶をかいました。これで飲んでます。使い勝手良いですよ!
2005/03/01(火) 18:07:22 | URL | ひらた #mQop/nM.[ 編集]
おひさしぶりです、ひらたさん。
私もうちに茶壷があるにも関わらず、少し気合を入れるときで蓋碗、適当(?)に入れるときはでっかいマグカップに茶葉をほうりこんでお湯どばどば・・・って感じです。
茶壷を使うときが少ないので茶壷にすねられないようにしなくては・・・。
お湯を足しながら飲めるのがいいですね。
そうそう。トルコに行ってきたのですが、中国茶などは見かけず(当然?)、チャイばかり飲みました。ストロングな紅茶にお砂糖たっぷり。おかげでかなり太った気がします・・・
2005/03/05(土) 02:31:06 | URL | ちぐさん #iNp6OJto[ 編集]
ちぐさん、おひさしぶりです。お元気そうですね。
トルコですか。いいですね。一度トルコは行きたい国です。イスタンブール。地下宮殿のメデューサ像がみてみたいんです。(笑)うらやましい。
2005/03/06(日) 08:38:41 | URL | ひらた #mQop/nM.[ 編集]
な、なぜにまたあのメデューサが?(笑)
地下宮殿は寒いですよ~!!夏のほうがおすすめだと思われます。
miyaさんに写真を見せる機会があったのですが、「なんだこりゃ」という反応だった気がします。
シルクロードでお茶も伝わっているのでしょう、トルコでもお茶はしっかり飲まれてますよね。砂糖たっぷりとはいえ、ストレートで飲むのがポピュラーなのは中国茶とやはりつながっている・・・?!のかもしれませんね。
・・・もともとの趣旨と外れたコメントでごめんなさいっ。
2005/03/07(月) 01:02:53 | URL | ちぐさん #iNp6OJto[ 編集]
メデューサへの思い入れは、そうですねえ。もう15年ぐらい前からでしょうか。中沢新一の本に出てきたんですよ。それからなんだかすっかり憧れてしまって、一度見てみたいと!湾岸戦争がなければ、いってたんですけどネエ。

お茶はいろんな経路で世界中に伝播されているのですが、中央アジアを抜けてトルコへと続く道はメインロードですからねえ。きっとつながっているのでしょう。
2005/03/08(火) 11:11:06 | URL | ひらた #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック