中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ほうじ茶の焙煎
b200503081.jpg


今度、TCCで「ほうじ茶品茶会」をやろうということになっているので、今色々なほうじ茶を集めている。でも、はたと思った。こんなにほうじ茶を集めても、みんな同じ味だったらどうしようか・・・。

なので、もの試しと、今手元にあるものを飲んでみた。で、納得。同じ「ほうじ茶」と名前の付いているものでも、やはり個性があるのだ。ちょっと安心。

これで皆どんなほうじ茶を持ってくるのか、そしてどんなのが一番美味しいか、飲み比べることができるね。

正直言うと、ほうじ茶って、いままでそんなに重視していなかった。「二番茶三番茶をそのまま飲めないので焙煎したもの=低級茶」という認識だった。

なんだかパンチがなくて「ボケている味わい」みたいな偏見もあって、積極的に飲みたいとは思わなかった。でも、今回のことがあって、ちょっと意識してみたら、結構面白いお茶であることを理解した気がする。

おいしい煎茶を焙煎してみたらどうなるんだろうという疑問があって、その日飲むだけの分を自分で焙烙を使って焙煎してみるのも面白いかもしれないと思っている。

焙烙は、たしか一堡堂に売っていたよね。陶作坊のでもいいか。陶器や鉄でできた焙烙に茶葉を入れて火にかけて、焦げ付かないように振るうとほうじ茶の出来あがり。これをすぐ点てて飲むと美味しいのだろうなあ。ちょっと高級な和食のお店でこれをしてくれるサービスがあったら、面白いだろうな。

それにしても、ほうじ茶の焙煎と烏龍茶の焙煎って、決定的に違うよね。ドラムで火入れをするほうじ茶は比較的短時間で焦がすのがもくてきだけど、烏龍茶の火入れは比較的低温で長時間火入れする。乾燥の延長線上にあるのだろう。

焙煎のことは一度しゃおしゃんの前田さんに教わったが、実際に焙煎しているところを見学しながら、理論をじっくりと教えてもらいたいものだ。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
ほうじ茶会、いいですねぇ。以前メランジェのお茶会でも中国茶(なんだったっけ?恵ちゃんに確かめないと…)とほうじ茶を続けて飲んで、似ていると言っても風味が全然違うんだなと目からウロコなことがありました。

うちには茶香炉があるんですけど、それの説明書には「飲用の茶葉を使えば、香炉に載せて香りを楽しんだあとにはほうじ茶として楽しむことも出来ます」とあったので、一度飲んでみたんですが…日本茶には熱量が合わないんですかね、かなり微妙な味でした。緑茶ともほうじ茶ともつかない感じで(笑)

今思いつきましたが、コーヒーの焙煎用のほうらくでやってみたらいいかもしれないですねぇ。うちのはコーヒーの匂いがしみついてそうなのでちょっと問題ありかもしれませんが…(笑)
2005/03/09(水) 10:58:27 | URL | おさ姐 #yrjmdEtY[ 編集]
こんにちは、ドームシンフォニーの管理人です。ほうじ茶大好きです。ちょっと古くなったお茶もフライパンで煎るとよみがえりますよね。(フライパンじゃダメ?)私はこれにピーナツの黒砂糖がけをあわせておやつにするのが好きです。
2005/03/09(水) 14:19:33 | URL | バニラ #-[ 編集]
ほうじ茶品評会、楽しそうですね!最近はほうじ茶は京都のお店のを好んで飲んでるのですが、色々とお店によって香りや香ばしさが違っていそう。なかなか比べて飲む機会もないですし。報告楽しみにしております♪
2005/03/11(金) 00:04:38 | URL | miya #FZzD.TD.[ 編集]
おさ姐さん
コーヒーのいるいる(使っていないのが条件かも)でもいいかもしれませんね。でも、網の焙煎器ではだめでしょうね。最近もコーヒー焙煎していますか?そういえば、電子レンジで焙煎するという方法もあるかも・・・。いろいろやってみるとおもしろいですね。

バニラさん
そうそう、油をよくとればフライパンでもお茶はよみがえりますね。ピーナツの黒砂糖がけですか。うまそうだなあ。僕は、胡桃のキャラメレーゼがいいかも!

miyaさん
京都のほうじ茶。それだけで、なんだかおいしそう。きっと恵さんが京都のお茶を持参してくれるにちがいないのですが、僕のは、宮崎のと愛知のと、東京のです。(笑)
2005/03/13(日) 08:26:46 | URL | ひらた #mQop/nM.[ 編集]
うちで持ってるのは、いるいるではなくて、元は煎り胡麻をつくるためのだったらしい「ぱちぱちくん」というのなんですよ。形状はほとんど同じなんですが、素焼きなのが大きな違いですかねぇ。コーヒーで使ってなきゃお茶入れて試してみるところなんですが、これじゃダメですね。

コーヒー焙煎はたまーにやってます。私はふつうの片手鍋でやってるんですよ。ただ、冬の間は仕上がりが悪いのでやってないですけど、そろそろ再開しないと、腕がなまっちゃいそう(笑)
2005/03/14(月) 16:48:49 | URL | おさ姐 #yrjmdEtY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。