FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
陸羽茶室の普シ耳茶
b200409111.jpg

陸羽茶室。インド人のドアマンが立ち、重厚な店構えの飲茶のみせ。観光客に毒されたとはいえ、いまだに、歴史がここにはいまだに時間を刻んでいる。そんな雰囲気が楽しみたかったら、平日の早朝に行ってみることをお勧めする。数品の点心をつまみながら茶杯を傾ける。じいさんが、一人で新聞を読みながら、蓋碗を扱っている。そんなここのお勧めは、なんといっても普[シ耳]茶なのだ。

この店に一歩足を踏み入れると、ショーケースにすばらしく古い餅茶が展示してある。ちゃんと値札が付いているので、売り物なのだろう。上をみるときりが無い。すばらしくおいしい餅茶を入手するのなら、専門店が一番だ。

でも、ここで飲めるお茶を自宅でも飲みたいとおもったなら、舊普[シ耳]がお勧めだ。「陸羽茶室」という文字の入ったスチール缶に入ったこのお茶は、リーズナブルな値段だ。お土産としても一流品だと思うがいかがだろうか。でも、消して安くは無いことだけ付言しておこう。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック