中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
岩中蘭
b200409161.jpg

岩中蘭は数多い武夷岩茶の一つ。あまり存在が知られていないが、香りのよい美味しいお茶である。昨年広東で開催された烏龍茶のコンテストで、金獎を受賞したと菊地和男さんに教えてもらった。

その岩中蘭を、遊茶のマキさんに入れてもらった。「焙煎の強いお茶よ」と言われたのだが、そのおおり、かなりしっかりと炭火で焼かれている。でも、嫌いではないお茶。

このお茶を初めて飲んだのは、ラ・メランジェの松宮さんに勧められて。たぶん楽茶軒の葉さんとかと武夷山へ行った時に、気に入って仕入れたんだと思うのだが、確かに華やかな香りと、どっしりとした味わいが妙にマッチしていておいしかったのを記憶している。

遊茶の岩中蘭は、なかなかよいのだとマキさんが自慢するのもうなずけるように、岩中蘭独特の深みのある味わいだった。新装オープンした遊茶のカウンターで、社長のマキさんじきじきにお茶をいれさせてしまうなんて、ちょっと申し訳無いことをしたなあとおもいつつ、いろんなお話をお聞きしながら堪能した岩中蘭。

これからの季節、岩茶がいい。






にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック