中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
炸其馬
b200409191.jpg

もうすぐ中秋節。

昨日行った中華街でも、あちこちで月餅を売っていた。月餅って、中身によるのだが、好きなものと嫌いなものがある。めちゃくちゃ巨大で肉とか塩玉子なんかが詰まっているものから、一口で口の中に入れてしまうことができるものまで、本当にさまざま。

以前、北海道の香香さんで見せてもらったのなんて、めちゃくちゃ立派な箱に巨大な月餅が一つだけ入っていた。月餅の話は、以前オールアバウトで書いたことがあるので、そちらを見ていただくとして、僕も月餅を買って今度のTCCの月例品茶会である「月餅+紅印普シ耳茶の茶会」に持参しようとおもったので、いつも行く「華正楼」に月餅を買いに行ったのだが、ついつい買ってしまったのがこれ。

小麦粉と砂糖、玉子を捏ねて細い麺状にしたものを四角くしてあげたものがこの「炸其馬」だ。糖蜜がかけてあるので甘いお菓子なのだが、結構好きなのだ。

やわらかくて揚げたお餅のような、さくさくとした食感がまた楽しい。なんとも昔懐かしいような味わいがするこのお菓子には、木柵鉄観音がマッチするのではないかと思い、昨日伍福寿新店で購入した木柵鉄観音を淹れてみた。なるほど、しっかりと火入れをした味わいの深い木柵鉄観音に、このお菓子はとてもよくマッチした。

中国のお菓子にも、いろんなものがあって面白い。世界のお菓子と世界のお茶。いろいろあわせてみるのが面白いね。





にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック