FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
ボンビージャ
b200410081.jpg

マテ茶。ジェルバ・マテというのが正式名称らしい。南米インディオの「ひょうたん」という意味のハーブだ。マテの灌木から取れる葉と茎を取っ手、軽く火にあぶってからじっくりと乾燥させたのち、砕いて湯を指して飲むのだ。

そのときの飲み方がまた面白い。グァンボというそれこそひょうたんをくりぬいたような容器とボンビージャ(画像参照)という先端に茶漉しのついた金属製のストローを使う。

伝統的な飲み方は、グァンボにマテ茶を6分目程入れて、そこに湯冷ましの水を2分目位入れてから、ボンビージャを差し込んで、さらにそこに沸騰した湯を注いで飲むのだ。

ふつうなら、茶漉しを容器の方につけるのだが、何で茶漉しをストローにつけてしまったんだろう。とても面白い。容器に細かく砕いた茶葉や茎が入ってれば、それを別の容器にあけて、そこから飲むということになるはずだったのに、茶漉しつきのストローを突っ込んで直接飲んでしまえ!という発想がなんともおおらかだ。

そのまま飲む飲み方が苦手な場合は、そこにレモン、ハチミツなどを加えてもおいしいのだそう。こんどやってみようか。

でも、このボンビージャ、ちょっとほしくない?








にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
ストローなんですか!! Σ(゚д゚;)
もしかして、飲みながら
「ん~、もうちょっと濃いのがいいなー」
と、かき回したり、濃くなりすぎたらお湯を足したりして、調節するのかもしれませんね。
なんだか楽しそうで、欲しくなってしまいました。
2004/10/09(土) 10:49:26 | URL | kazumucha #79D/WHSg[ 編集]
さりげなく、閲覧者プレゼントですか?
希望の方はこちらまで
      ↓
ボンビージャ欲しいぞ★係まで(うそ)
チャイを作るときに、細かい茶葉を漉すのによさそげですね
2004/10/10(日) 02:18:05 | URL | Lulu #79D/WHSg[ 編集]
>>kazumuchaさん
そうなんです。これ、ストローです。売っているところはそんなに多く無いですが、ネットでも購入できます。
が、いまいち吸いにくいのも事実です。トライしてみますか?
>>Luluさん
閲覧者プレゼントするには、やはりスポンサーつけないとなあ。日本緑茶協会あたりにお願いしてみましょうか。マテ茶、力入れているから・・・。(笑)
2004/10/10(日) 07:38:32 | URL | ひらた #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック