中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
地肌2
b200411171.jpg

ぶつぶつの地肌の対極にあるような茶壷。これは台湾の轆轤引きのもの。さらに表面を磨いて仕上げる茶壷も存在する。それはそれで、なかなかの風合いだ。それでも、個人的には、ぶつぶつが好み。

でも、なぜ、この茶壷を手放せないかというと、当時仲の良かったG氏にいただいたから。人からいただいた茶壷は、その人との関係が良いほど、どうしても手放せないものだ。残念ながら、今ではG氏は音信不通。どこで何をされているのかわからない。それでも、当時のGさんのお茶に対する情熱に感化されたから、いまの僕がいるのだから、G氏は僕にとって、いわゆる師匠のような存在なのだろう。






にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック