中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
むしょうに龍井が飲みたくなる日
b200412171

ここにも書いたけど、緑茶は一年中飲みたいとおもう。

でも、どうしても秋口は青茶や紅茶に手が出てしまう。徐々に涼しい日が続くようになってくると、岩茶や紅茶がうれしいということがおおいからだろうか。あるいは、体を冷やさないようにするという動物としての本能なのだろうか。

それでも、蓋碗に龍井を入れて湯を指したときのあの、ほっこりとした時間が大好きだ。蓋を開けたときに立ち上がるあのなんともいえぬナッティーな香り。そして味わい。

だからぽっと開いてしまった時間は、このお茶と無性に語り合ってみたくなる。同じ龍井といえども、さまざまな表情がある。産地や品種、作られた日にち、そんなものの組み合わせの数だけ、表情があるといっていいだろう。それに水や湯の温度、入れ方。本当に同じお茶は飲めないというぐらい、ときどきの表情を見せてくれるお茶。

でも、ただただ、龍井が飲みたいという日。今日はそんな日だった。







にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
プーアールオレと西湖龍井で一日が終わってしまいました
貴重な休日なのに、贅沢すぎますね、あたし
2004/12/19(日) 21:54:00 | URL | Lulu #79D/WHSg[ 編集]
Luluさん、なんと贅沢な休日。僕も多摩にはそんな一日を過ごしたいものです。でも、なんやかんや休日は急がしすぎて・・・。
2004/12/21(火) 10:42:42 | URL | ひらた #79D/WHSg[ 編集]
冬の龍井
PING:
BLOG NAME
 本当に久しぶりに、一日家にいられた。そうすると一日お茶が飲みたくなる。  たま
2004/12/19(日) 15:27:13 | URL | お茶すきさん #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック