中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
開花龍頂
b200412281

湯の中で揺らめくお茶としては、このお茶がなかなか良いともおう。
もちろん、浙江省 の有名なお茶だ。

開化龍頂は、龍頂潭という湖のほとりで取れる銘茶。

一芯二葉で摘まれた茶は、室内でやや放置された後、180度の温度で青殺され、揉捻と火入れを数回繰り返しできるお茶で、1回に一人の茶師が100グラムから150グラムしか作れない茶で、中国の中でも貴重な茶として知られている。

茶葉はややねじれており、緑が非常に鮮やか。
茎に近いあたりに、奇麗な産毛が生えているのだ。80度で淹れることを中国茶の教科書では勧めている。

17世紀に皇帝への献上茶とされていたらしいが、1970年に現在の茶になった。

秋茶がおいしいお茶でもある。
なかなか中国緑茶の秋茶は飲む機会がないのだが、是非、秋茶を飲んでほしい緑茶である。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。