中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
雪水雲緑
b200412291

雪水雲緑は、浙江省北部に位置する桐廬・新合郷にある雪水嶺の山麓でとれるお茶。

このあたりは標高が高く、きりが発生しやすい上に、気温が比較的低く、良い茶葉が育つための条件に恵まれた場所。

しかも古くから穀(谷)芽茶と呼ばれる茶が作られていた。この穀(谷)芽茶は1915年の万博で金奨を取るほどのお茶だったが、第二次世界大戦以降の戦争及び内乱で失われてしまったが、1987年に復興させたのがこの雪水雲緑だという。

ほそながく、開花龍頂にも似ているが、やや扁平なのが特徴だ。
個人的には、開花龍頂上の方がすきなのだが、飲む比べる相手としては面白いと思う。






にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック