FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
若水でお茶
b200501031

信州から戻って、初詣。神社の清い水を見ていたら、元旦の若水でお茶を飲んでいないことに気が付いた。

若水とは、元旦に汲む水のこと。昔は、年男が川や涌き水を汲みに行ったらしい。熊の湯の甘みのあるおいしい水で入れた茶はおいしかったが、元日の早朝に汲んだ水ではなかったなあ、あの水。

志賀高原では、大禹嶺金萓茶を淹れて飲んだのだが、金萓茶がなかなか飲めた。金萓茶苦手なんだけどなあ。

水と茶の関係って、おもしろい。
硬水軟水というのもあるけど、それよりも、いろんな日本の水でお茶を飲んでみたいものだ。
そのときの標準茶は、なんだろう。

やはり原点の安渓鉄観音だろうか。それとも、梨山か・・・。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
美味しいお茶が飲みたい!
PING:
BLOG NAME
 和食の時には、美味しいお茶を一緒に飲みたいなと思ったりします。美味しいお茶は、いれ方にもよるし、お茶の葉の違いも大きいですよね。
 そんな有名なお茶どこ...
2005/03/06(日) 17:43:28 | URL | お茶すきさん #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
お茶知識~缶入り緑茶はサンガリアから始まったそうな。<b>渋さ:☆☆甘さ:☆☆☆後味すっきり感:☆☆☆香り:お茶の葉そのままの芳ばしい匂い色:サルファーイエロー</b><strong>「お茶の特徴」</strong>First Impressionは「これは納豆」甘納豆のような妙な甘さがある。と
2005/05/14(土) 23:52:20 | 茶むりゑのお茶ブログ