中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
春の梅家塢
b200503242.jpg

Photo by Rikoさん

Rikoさんが行ってきた杭州。普段ならこの時期すでに「分前」(春分前のお茶)をつみ始めているのに、なんと春分の翌日22日には杭州では雪が降ってしまったのだそうだ。

だから、まだ梅家塢では茶摘が始まっていなかったのだとか。

今年の龍井はかなり遅くなりそう。そういえば、もう6年ぐらい前にもそんなことがあった。清明節の直前に雪が降ってしまったので、よい龍井がとれずに、高騰したのだ。

こんな話を聞くと、改めて茶は農作物なんだということを思い出す。

b200503241.jpg

Photo by Rikoさん

この画像は、雪でやられてしまった龍井の新芽。こういうのをみると、普段あまりにも無造作にお茶を飲んでしまっていることを反省したりする。

ともあれ、おいしいお茶がとどくとうれしいなあ。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
この一月末に梅家塢村でお茶の勉強をしてきました。
濃く硬い葉を鎧にして、緑静かに新芽を守りはぐくむために眠っているようなお茶畑がひっそりひろがっていました。
明前の美味しいお茶を夢みてきました。

雪のせいでたいへんなことになっている様子で
びっくりしました
明前の前に分前といゆうお茶があるのも初めてしりました。
美味しいお茶が出来ますようにと、望むばかりです。

2005/03/28(月) 00:52:00 | URL | きさらぎ #NstCTkpk[ 編集]
そういえば、日本も新茶が遅れているそうです。
世界全体、お茶の葉が意思をひとつにしているような・・・。
考えすぎ・・・。
2005/03/28(月) 00:57:33 | URL | きさらぎ #NstCTkpk[ 編集]
杭州にいかれてたんですね。うらやましい。今年は世界中がなんだかおかしいですね。阿里山も雪、杭州も雪。東京も、朝はまだ冷え込む日もあって、桜も遅れてますね。

もう、明前茶などにはこだわらず、おいしいお茶を心待ちにしようと思います。

引き続き、よろしくお願いします。
2005/03/31(木) 22:47:06 | URL | ひらた #mQop/nM.[ 編集]
はじめまして
3月の末に、私も明前西湖龍井茶の旅に出かけました。あいにくお天気が曇り・小雨...。(杭州の雪は10年ぶりだそうで、西湖に雪の風景を見に10万人も押しかけたそうですよ)
昨年より小さい葉でしたが明前節前につんだ龍井茶で春をいただいた感じがしました。しばし幸せなひと時でした。
2005/04/17(日) 00:25:38 | URL | soyu #-[ 編集]
soyuさんも杭州にいかれてちゃんですね。雪見に人が来るといのはすごい。しかも10年ぶりですか・・・。今日、明前龍井を飲みましたが、芽が一部あかくなってしまってました・・・。確かに芽が小さいですね。
2005/04/17(日) 21:27:04 | URL | ひらた #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック