中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
世界お茶まつり
tr20071103-01.jpg


世界お茶まつり2007が、静岡のグランシップで開催された。2001年に第一回目が開催され、3年ごとに開催されているので、今回は第3回目。

第一回目から参加しているのだが、今年は学術会議も世界緑茶会議も別会場になってしまって、さらに展示会も合体したので、規模がなんとも小さく感じたが、それでも、土曜はかなりの人出だったようだ。

あちこちで見知った顔を見かけたが、基本は一人でふらふらとあれこれまわってきた。

やはり業者側主体のイベントだから、「お茶を知ってもらう=お茶を買ってもらう」なので、小売向け見本市みたいだった。

折角品評会のお茶がいろいろ並んでいるのに、どのような評価基準で最高金賞を取ったのかとかいう説明もなく、なんだかちょっと工夫不足かな。

棚橋先生と林さんの講演はなかなか面白かった。特に棚橋先生の唐代の茶の再現は、現在の茶を知る意味でも貴重な講演だろうね。これは別途記事として起こしたいものだ。

会場の写真は「続きを読む」からどーぞ!





にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
tr20071103-02.jpg

古今茶籍の「龍井鶏」。結構美味しかった!作り方を教わったので、こんど自宅でやってみよう。

tr20071103-03.jpg

台湾茶ブース。桃園の林さんが来られてた。遊山茶訪の茶の缶がとてもよい感じだった。

tr20071103-04.jpg

6階のタイムトンネルの会場でご高齢の方々が手もみを再現

tr20071103-05.jpg

3階から1階を見下ろす。ブースがあれこれ。今年は韓国茶が目立ったのが印象的。

tr20071103-06.jpg

NPO日本中国茶協会のブース。遊茶の藤井さんが解説中。


tr20071103-07.jpg

こちらは中国茶普及協会のブース。林さんが茶を淹れている。

tr20071103-08.jpg

そして、こちらが日本中国茶芸師協会のブース。こちらでは茶席を設けていた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック