中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
椅子?
b200503251.jpg


IBMの横にあるてんぷらやへ足を伸ばした帰りに立ち寄ったTキャット(箱崎エアターミナル)。これはそこにある。

ケースに入れられて展示されているこれは、椅子のミニチュアにしか見えないものだ。中国の宮廷家具のような、そんな見栄えの椅子のミニチュアは、確かにお店などに飾るには良いかもしれない。

が、しかしこれは、なんと「茶壺」なのだ。

椅子の座る部分が蓋になっており、椅子の前面についている龍の口の部分が嘴になっているのだ。

このような技巧的な茶壷は、一時期あちこちで作られていたようだが、お茶を飲む道具としてはどうなんだろう。何を意図して作ったのか?

実はここには様々な「奇妙な茶壷たち」が並んでいる。かばんの形の茶壷だの、ひょうたんの形のものだとか、この動物は一体なに?と思うような形のものとか。

個人的には、あまりほしいとは思わないのだが、茶壷つくりも多様性があって、面白いことはおもしろい。

なんで、この茶壷の画像を撮影したかというと、一緒にいた1496さんと凸ぷうさん、「どれかほしいもの」といったときに、僕と凸ぷうさんが選んだのがこれだったから。

残念ながら、他のはほしいとは思わなかった。うーん、やはり僕にとって茶壷は茶を飲む道具でしかないんだよね。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック