中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
基本セットが変わった(笑)
tr20080112-01.jpg


のーとみさんがDRINKIN' CHA +で年始に「基本セットは変わらない」ということを書いていた。

実は、このところ僕の基本セットが大きく変わっているので、なんだかおかしくて一人でくすくすとわらってたんだよね。

僕の場合、以前は蓋碗と茶海に茶杯というのが基本セット。茶杯はFormosa Tea Connectionの薄い磁器製の手のひらにすっぽり入るぐらいの大きさのもの。

これで高山茶なんかを飲んでた。

ところが去年あたりから、お茶の嗜好が大きく変わってきてしまって、大陸系の焙煎の強めのお茶を多く飲むようになってきた。

この手の茶を飲むときに蓋碗でも、もちろん入れることが可能なのだが、でも、なんかちょっと強い。体が付いていかれない?!そんな感じなのだ。

そのときに、以前老地方茶坊で見つけて思わずオーダーしてしまった大き目の倣古壷を使って淹れたら、なんともやさしく美味しく入ったので、最近はもっぱらこればかり。

この倣古壷で淹れたお茶が、ちょうどロイヤルコペンハーゲンのマグ一杯分だということも判明。

それからはもっぱらこのセットばかり。

今もこれを書きながら、群体桂花単叢をこいつで飲んでいる。

なんだかこのところ老人茶という言葉が身にしみてくるのはなぜなんだろうか。
気持ち的には若いつもりなんだけれどねえ・・・。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック