中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
琥珀 重陽
tr20080127-01.jpg


和菓子には本当に様々な四季折々の工夫がある。
そんな繊細な季節を楽しむためにも、和菓子をあれこれと楽しみたいと、とみにさいきん思う。

様々なお茶にもマッチする和菓子。

工夫といえば、どうしてこんな菓子が生まれたのだろう。
寒天と砂糖を煮込んで固めた琥珀。

これでもう少し褐色だったら、本当に宝石の琥珀を思わせる。
さくりとした食感の中にふにゅっとした舌触りがたのしい。

tr20080127-02.jpg


記事では、老叢水仙とあわせてみた。
京都の老舗の和菓子である。


中国茶と和菓子を楽しむ:琥珀菓子「重陽」


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。