中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
新しいティーポット
tr20080203-02.jpg


紅茶のポットを割ってしまったので、新しいものを入手。

今度のは、以前のより小さめの2CUP用という感じ。

でも、こいつはリーマンブラザーズという外資系金融機関のノベルティーグッズとしてもらった巨大なマグカップ一杯分なので、なんか非常に手ごろ感がある。

中国茶は大きめの倣古壷にロイヤルコペンハーゲンのメガマグでがぶ飲みというのと同じように、ダージリンやネパールのお茶をこいつで飲むことに決めた。

tr20080203-01.jpg


なんといっても白磁でシンプルなのと、ちょっと可愛い(可愛いの基準は人それぞれなので、こいつを可愛い???と思う人もいると思うが)ところが気に入った。

まあ、僕用のおひとりさま茶器のスタンダードとして定着しそうな雰囲気。

暮れから年明けにかけて、お茶の在庫を一掃したので、我が家にはいまお茶の在庫があまりなくて、このところリーフル、Gclef、メランジェと、この3店の紅茶ばかり飲んでいるのだが、どの紅茶にしろ、このポットはオールマイティーに使えるのが便利便利。

雰囲気も減った暮れもない僕のティーライフだが、僕にとって美味しくお茶を淹れることができる茶器であれば、それで大満足というところだろう。

そんなこんなで、僕のお茶ライフは、しばらく紅茶が続くのだ。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック