中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
中国茶と向き合って見る
tr20080307-01.jpg


最近すっかり中国茶を飲んでいないことに、はたと気が付いた。
ダージリン、ネパールウーロン、アッサム、ヌワラエリア。
全く、こう考えると、紅茶人間になってきてしまっているのだろうか。

お茶会とか行かないと、自分ではすっかり台湾茶から距離ができてしまっている。
ましてや中国緑茶や白茶ってなんだっけ?というほどの距離がある。

春、もう少しすると新しいお茶の季節。
もういちど、初めて中国茶を飲む人のように、いろんなお茶に手を出してみようか。
緑茶から始まって、白茶、黄茶、青茶、紅茶、そして黒茶。

たまたま、そんなことに向き合う機会が5月から始まるし、初心者に戻って、中国茶と向き合って見ようかなと思う。

もちろん、楽しく飲むことが基本だけどね。
中国茶なんて、美味しく、楽しく飲むのが、大原則だからね。

(写真は、やっぱり中国茶ではなくて、ネパールウーロン)


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。