中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
春のお昼の中国茶話会
tr20080322-01.jpg


お台場のTokyo Culture Cultureで、のーとみさんと午後2半から「春のお昼の中国茶話会」を開催。

もともと、AllAboutガイド仲間の堀切さんがTokyo Culture Cultureの外部プロデューサーをしていたことから舞い込んできた話。一番最初にこの話がでたのは、去年の6月のレッドボール(All Aboutのガイドのミーティング)のとき。それから約9ヶ月で実際に実現してしまった訳だ。

普通のお茶会イベントとか、講習会では面白くないと、のーとみさんと相談して、お茶も出すけど、基本トークショーみたいな、あるいは「おやじふたりの茶話を茶請けにお茶を飲む会」みたいなものにしようなんて相談してきたイベントだった。

準備段階から、結構楽しんで、でも、あれが無い、これはどうしようかなんて、かなりばたばたと準備を進めて、かなり焦るような突然の変更事項もあったりしたし、そもそも、当日も台本もリハーサルもなく、ぶっつけ本番。

tr20080322-02.jpg


もともと本当は30人も集まればすごいね!なんていってたのに、蓋を開けたら100人もの規模のイベントになってた。のーとみさんのブログの威力だ。All About中国茶のメルマガ見てという人は皆無だったのが寂しい・・・。(ToT)/~~~

その、のーとみさんは、本番前からちょっと緊張してた?(笑)。お昼たべられたのかな?

僕の場合は、人前でしゃべるのは本業で慣れているので、100人ぐらいのイベントでは全然緊張も何にもしないのだが、ちょっとのーとみさんの緊張する姿をみてたら、大丈夫?と思ったり。

それにしても、始まってしまえばどうにかなるもので、のーとみさんに話は任せた!なんて思ってたのに、結構しゃべってた。それでも、お茶飲みながらだと、時々ふっと思考どこかに飛んでいってしまうことがあったりして、ああ、本業の講演会とは違う「ゆるゆるさ」だななどと思ったり(汗)。

タイムテーブルには、スケジュールと「紅茶とダージリンの話」みたいな、そんなA4の紙一枚だし、事前に何にしゃべるのかの打ち合わせもなくスタートしてしまったわりには、何とかなったかなあと。

薀蓄はたれないぞといいつつ、すぐに禁制をやぶってしまってごめんなさいだったのだが、まあ、メモ取るような話はしてないし、どうでもいいような話だったので(こまかいところで分からないことも沢山あったし・・・。)、許していただくとして、あんな話で来場者の皆さんは満足してくださったのかが、心配だ。

tr20080322-03.jpg


物販の方も、おかげさまでどうにか終了。一番売れ行きが良かったのは、青木さんの茶器と海風號の茶器だろうか。なにしろ、50%オフ。開場と当時に、皆群がってたものなあ。本当は休み時間とトークショー終了後に物販の時間を!なんて考えてたけど、無駄だった。

今回のイベントは、海風號、愛子さん、京都のメランジェ、そして茶器などでいろいろと手を尽くしてくださった林茶荘の林さんには大変お世話になった。感謝感謝です。ありがとうございました。

それからしゃおしゃんのお茶を紹介できたのも、良かった。ただ、台湾茶がなかったので、台湾茶好きの方にはちょっと申し訳なかったかなという気持ちもないわけではない。でも、台湾茶だけではなくて、中国茶全般でおいしいとおもってもらいたかったから。

その茶譜だが、ウエルカムドリンクでは蜜蘭香の冷茶(なんだか薄かったが、香りはちゃんと出てたね)、海風號の香りの良い四川紅茶、しゃおしゃんの竹筒仕込み千年古茶青プーアル、最後に愛子さんの'06の保存のよい碧螺春という具合。のーとみさんセレクションだが、どれも大好きなお茶ばかり。僕たちも、しゃべりながら楽しませてもらった。

tr20080322-04.jpg


一番の悩みは、誰がお茶を入れるんだ?ということだった。でも、のーとみさんがDrinkin' Chaに「スタッフ募集」の告知をしてくださったおかげで、8名ものボランティアスタッフが集まってくださった。

台湾鴻山流泡茶師の天野氏、高級茶藝師・評茶員の浦川さん、同じく台湾鴻山流泡茶師の川島さん、お茶好きの菅野さん、古くからのお茶仲間のKeijiさん、のーとみさんのブログの読者のころりさん、上海の中国茶専門店の店長だった藤下さん、そしてのーとみさんのライター仲間の藤村さん。

彼らのすばらしい連携があったので、本当にスムースにお茶だしや物販が進行し、ばっちりだった。無償にも関わらず、本当にありがとうございました。この穴埋めはいつか(本当か?!)。

そして企画段階からいろいろとお世話してくださった堀切さん、そして会場を仕切っているTokyo Culture Cultureの横山店長(写真左した)、お疲れ様でした。

ご参加いただいたアンケートに「次回もやってください」「次はいつですか」と書かれていたのを見て、やってよかったなあと。

のーとみさん、またやりますか?(笑)

でも、赤字だし、のーとみさんは両足つっちゃうし(爆)、僕もなんだか舞台でしゃべってただけなのに、終了したら、ぐったりだったしなあ。ということで、この先は、まだ考えられないので、いまのところぜんぜん予定無ということで。

最後に、ご来場の皆様、本当にありがとうございました。


レポートしてくださったサイト
 ・ ちょしさんの「神融心酔
 ・ 茶参福さんの「hiru-an-don
 ・ あるきち101の「中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記
 ・ 510さんの「長澤まさる商店
 ・ ayanoさんの「ayanolog はてな館
 ・ うらりんさんの「Cha-No-Yu China中国茶と和の粋
 ・ 塔子さんの「塔子の日記


 ・ のーとみさんの「DRINKIN' CHA
 ・ ほりきりさんの「ほりきる 4.4 blog
 ・ 東京カルチャーカルチャーの「ライブレポート



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
ほんとうにたのしいお茶の時間でした。
ありがとうございました。
2008/03/25(火) 10:40:03 | URL | 510 #-[ 編集]
ありがとうございました
510さん

ご来場及び、コメントありがとうございました。

愉しんでいただけたのだとすれば、開催したものとして、こんなにうれしいことはありません。なんだかゆるゆるの会でしたが、またいつか
どこかで、こんな気軽な会をしたいと思います。
2008/03/25(火) 11:55:01 | URL | tearecipe #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2008年3月22日(土)は、ワタシ、堀切プロデュースの東京カルチャーカルチャーのイベント。納富さんと平田さんによる、「春のお昼の中国茶話会」。前日までの不安定な天気も、どこへやら。風も穏やかな春の日差しの一日。 東京カルチャーカルチャー お手伝?...
2008/03/25(火) 11:57:42 | ほりきる 4.4 blog
青空が爽快に晴れ渡ったある日、ゆりかもめに揺られてお台場へ。中国茶の偉い人(私の中で)、平田公一さん主催の「春のお昼の中国茶話会」というイベントがあったのです。 香竹筒仕立て 千年古茶青プーアル(焙茶工房しゃおしゃん)。このかわいい茶杯がお土産♪ お茶に詳
2008/03/25(火) 09:58:31 | ayanolog はてな館
先日の土曜日、22日にお台場のTokyo Culture Cultureで春のお...
2008/03/24(月) 13:59:36 | hiru-an-don
春のお昼の中国茶話会、ステージ上から お台場は大観覧車のふもと、東京カルチャーカ
2008/03/24(月) 02:23:30 | DRINKIN\' CHA +

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。