中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
大紅袍
tr20080407-01.jpg


岩茶といえば、鉄羅漢、水金亀、そして肉桂を愛飲している僕は、なかなか大紅袍に手を出そうとしない。

なぜならば、こんなに味のブレがある岩茶は他にないんじゃないの?と思うからだ。

大紅袍は、いままでいろんな神話を持ち、いろいろなことがいわれた。

そもそも4本ある原木は、それぞれ品種がちがうのだとか(実生で増えていたお茶であのなら、まさに品種が違うといえるだろう)、それだから、それぞれを製茶したあとブレンドするんだとか、その一本の茶樹こそが北斗一号なんだとか、第二世代、第三世代と呼ばれるクローンは、だから元祖大紅袍とは違うんだとか。

まあ、揚げれば限が無いわけだが、そんなことは、今となってはあまり興味が無い話で、もっとも興味があるのは、美味しい大紅袍が飲みたい!ということだ。

なかなか出会えないおいしい大紅袍。まあ、いまのところ、岩茶房のが一番かな。でも、あそこにもしばらくご無沙汰なので、久しぶりに訪問してこようか。新しいお店になって、まだ行ってないしなあ。

写真のはラ・メランジェのコストパフォーマンスのよい大紅袍。こいつもなかなかいけてる。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
私の先生がブレンドしたのも、なかなかデス☆
機会があれば、ぜひ!
2008/04/13(日) 00:20:19 | URL | 上海小町 #cYq3zJsc[ 編集]
コメントありがとうございます
上海小町さん

コメントありがとうございます。
是非、ご相伴に預かれればとおもいます。サロンの準備はすすんでいますか?大変だとおもいますが、頑張ってくださいね!
2008/04/14(月) 08:27:26 | URL | teareicpe #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。