中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アールグレイ
tr20080419-02.jpg


ベルガモット (Bergamot) で柑橘系の香りをつけた紅茶、アールグレイ。

実はこの紅茶、僕はあまり好きではなかった。夏にアイスティーで出されることの多いアールグレイ。でも、そこにあまり柑橘系の香りを感じることが出来なかったというのが理由かもしれない。

ところが、リーフルの銀座店オープンの際にいただいたティーバッグのアールグレイ。これが実に美味しかったのだ。もちろん、アイスではなくホットで入れたもの。

すごく綺麗な柑橘系の香りだったわけだ。もともと柑橘系は大好きなので、なんでベルガモットの香りはにがてなんだ?と思ってたのだが、実はどうもおいしいベルガモットで香りつけされたアールグレイを飲んだことがなかっただけということが判明。

tr20080419-01.jpg

(産地:中国、ブレンド:フランス)

通常、あちこちで売られているアールグレイは、その由来から中国紅茶(キームンなど)が使われることが多いらしい。このアールグレイもキームンベース。

tr20080419-03.jpg

スペシャルダージリン (産地:セイロン、ブレンド:フランス)

アールグレイは、ベースとなるお茶をとわないのだそうなので、もともと元祖?!の中国紅茶べース以外に、セイロン紅茶やインドの紅茶がベースになるものがいろいろと選ばれるらしい。

今回ラ・メランジェの松宮さんが送ってくれたものは、中国紅茶に加え、セイロン紅茶、ダージリンベースのもの。

もちろん、お茶が違えば、香りが似ていても、味とかは絶妙な違いがある。ブレンドしている会社が違えば、ベルガモットの香り自体ももちろん違う。

tr20080419-04.jpg

(産地:ダージリン、ブレンド:フランス)

今日飲んだのはダージリンベースの「アールグレイ・アンペリアル」。いやはや、ダージリニストとしては、これは大好きだなと思う。

アールグレイ見直し週間である(笑)。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。