中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
白磁の茶杯
tr20080426-01.jpg


白磁の茶杯が台湾から届いた。
阿里山茶坊の張さんにお願いして、三希の茶杯を30個ばかり直接送ってもらったのだ。

実はこの茶杯、今度の講習会で皆さんに使っていただくためのもの。
小さな普通の茶杯か?とも考えたのだが、香も分かりやすい少し上に向かって広がっているチューリップ型の方が使いやすいのだ。

これで、いろんなお茶を飲んでもらおうと思っている。

5回で12000円ということは、一回当たり2400円。それに見合うだけの内容にしないとね。
講義内容はほぼ固まったんだけど、どんなお茶飲んでもらおうか、まだ悩み中。

第二回目にお茶の種類や区分、産地の話をしようと思っているのだけど、その後半で、とにかくいろんなお茶を体験してもらおうと20種類ぐらい、鑑定杯でいろんなお茶を飲もうと思っている。

緑茶5、黄茶1、白茶2、青茶6、紅茶3、黒茶1、花茶2の配分かな。

いまのところ22名の申し込みをいただいたとのことなので、鑑定杯のカップ一杯では皆さんに一口ずつしかのんでもらえないかもしれないけどねえ・・・。

講義の時には2種類のお茶を飲んでもらおうと思っている。

せっかく新茶の季節なのだから、あれこれ、講義内容と関係のあるお茶をお出しできるといいのだけけれど。

でも、この手の講座って、材料費、教材費込みで報酬が支払われるのだが、報酬は微々たるもの。また今回も赤字覚悟。

まあ、でも、この講座は、僕のライフワークで、所謂ボランティアみたいなものだし、中国茶普及ができればそれはそれで嬉しいこと。

tr20080426-02.jpg



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。