中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ロ・ヴー特別セミナー <何故お茶はこんなに人を魅了するのか>
tr20080531-01.jpg


名古屋の中国茶専門店「楽工房」の岩崎さんと小池さんが、ロ・ヴー開店8周年を記念して企画したイベントが、なんと僕の講演会だった・・・。

確かに前から何かやりたいねえとずっとお話してたのだが、なかなか忙しくて実現しなかったのだが、やるならいまだ!と思って小池さんにやりましょうといったとたんに、開催が決まったのだった。

でも、何を話すんだ?と、結構悩んだのだが、まあ、自分の気の向くまま、あれこれとと思い、お茶の起源から、喫茶が誕生し現代に至るまで、どのようにお茶が人間に飲み注がれてきたのかを、薬効と嗜好品の2つの切り口から概観してみることにした。

あまり健康に効くという切り口は好きではないのだが、古い書物には、やはり「仙薬」とでてくるし、日本や各地に伝播したのも、そんな効果があったのが大きかったのは事実なのだろう。

でも、いまや、様々な切り口で楽しむことの出来る茶。
そんなことを最後にすこしだけ。

ちょっと小難しい話になってしまったが、参加してくださった方には、ご満足いただけたかどうか。

また機会があったら、こんどはもっと「おちゃらけた」お話をするのもいいかもしれない。

tr20080531-02.jpg


岩崎さん、小池さん、ありがとございました。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
おいしいお茶って
お世話様でした。感謝です。お話の中で
唐代、我々がよく言う「おいしい」と言う語句を使って入る人が少ない。
というところ、もっとお話聞きたかったです。
この辺り、はまってしまいそう。
でもお会いできて、本当に良かった。
喉、鼻のあと、次の日は目に。
抗菌目薬で大変でした。
2008/06/03(火) 13:23:59 | URL | ジイヤ #Kx5LGfF2[ 編集]
お世話になりました
土曜日は、本当にお世話になりました。あんなお話でよかったのか、ちょっと心配ですが、でも、楽しい時間を過ごせました。

目、大変でしたね。中国のせいでしょうか。恐るべし中国・・・。高度成長もいいけれど、どうにかならないのでしょうかねえ、公害。

また、是非あそびに寄らせていただきます。
2008/06/03(火) 22:46:20 | URL | tearecipe #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。