中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
土曜日お茶三昧
tr20080705-01.jpg


今週はエクステンションがお休みなので、いままで溜まっていたお茶をあれこれと飲む。

蒙頂甘露、黄金桂、そして雪峰。
それぞれおいしくて、一日中、これらのお茶を飲んでいた。

蒙頂甘露は、碧螺春に似て産毛のお茶。
少しワイルドか。

黄金桂は、とてもやわらかい、香りのよいお茶。
やや清香系。
ふんわりとしたフローラルノート。
丁寧に茶壷で淹れたくなるお気に入りのお茶。

tr20080705-02.jpg


でも、一番面白かったのは、雲峰だな。

どうやら広西泰族自治区のお茶。

青みや柑橘系の香が、雲南大葉種を思わせる。
そういえばずいぶん昔に、豊茗会の調査団であのあたりに入った知人がお土産で持って帰ってくれた白葉茶というのが、こんな味や香だったか。

渋みはほとんどなく、低めの温度でいれると、なぜかフローラルノートがふんわりとする。
茶葉に芳醇でボディのある味わい。

華南の地域の茶とは明らかに別物。
でも、雲南緑茶とか、このあたりの緑茶は、結構すきだ。

tr20080705-03.jpg



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。