中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
野生緑茶
tr20080715-03.jpg

「おいしいお茶が届きましたので、少しおすそ分け」といって、迎茶の貞重さんが送ってくださったのがこの「野生緑茶」。

届いたお茶には、ただ単に「野生緑茶」としか書かれていないので、素性がまったく分からない。
少し押しつぶされたような、それでいて丸まっているところなんか、なんとなく、大好きな六安瓜片に似ているなあと思いながら、早速ガラスコップでいれてみた。

やっぱり、「あれ!これ六安だよ!」と思うような味わい。

でも、滋味が濃くて、いわゆるボディーが強い。
先日飲んだ六安よりも、もっともっと強い味わい。
たしかにあれが深窓の令嬢なら、これは山を駆け巡る野生の娘という感じ。

tr20080715-01.jpg

あとから、素性を確認してみたら、やはり安徽省六安のお茶なのだとか。
六安は大好きなお茶なので、たまらなくうまいと思う。

やはり野生のお茶は滋味が強いのだなあ。
肥料で味付けされていないというか、茶本来の味わいがメリハリよく、バランスよく抽出される。

強いお茶なので、ガラスコップで何倍も飲めるのが嬉しい。

tr20080715-04.jpg

現在、迎茶さんでは、限定でしか発売していない希少なお茶らしい。
値段を見ると、ちょっと驚きの価格なのだが、それだけの味はしている。
こんなお茶は、ちょっとため息。
でも、野生茶だからしかたがない。

このお茶の紅茶バーションが一緒に届いたのだが、これはまた後日。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック