中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
[喜喜]茶のお茶の楽しみ方
tr20080815-00.jpg


奈良で[喜喜]茶という出張茶館をされている藤永さんからご連絡を頂いたのが、6月下旬だった。それから1月もたたないうちに実際にお会いできるとは、そのときには思っていなかった。

もともと、京都へちょこっと遊びに行こうと思っていたのだが、どうせなら早めの休みを取って奈良にも足を伸ばそうと思い、ついでに可能であれば藤永さんにもお会いしようとおもってたのだった。

ちょうど西荻窪の常淡茶舎の林さんからも奈良町に素敵な茶館がオープンしたので、機会があったらいってみてといわれていたので、一石二鳥だと思った。残念ながら、その茶館「心樹菴」はプレオープンだったので開店時間が合わず断念したのだが、藤永さんとは、自宅の教室に遠慮なく踏み込んで(笑)、数時間、お茶と点心をご馳走になりながら、あれこれお話することができた。

tr20080815-01.jpg




大阪の無茶空茶館の黄さんにもう10年以上お茶を習ってきた藤永さん。そのお茶に向かう姿勢は、自然体であり、本当に楽しみにまっすぐ取り組んでいるという印象をうけた。なにしろ、それまでぜんぜん興味がなかったというご主人が、台湾にまで茶作りに行ってしまうほど。

tr20080815-02.jpg




そんな喜喜茶について取りまとめたので、是非こちらへ!
喜喜茶のお茶の楽しみ方




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック