中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
中国茶のたしなみ
tr20080823-01.jpg

新しい中国茶関連の本が出た。
中国茶のたしなみ』と題する本。

中国茶入門みたいな本なのかなと思っていたら、北京の茶館の紹介本だった。なるほど、北京の茶館って行ったことが無かったなあ。むかしかほりさんとか箱ちゃん(懐かしいなあ。元気かな?)が、いくつかの北京の茶館(たとえば、五福茶藝館とか老舎茶館とか)について教えてくれたっけ。あれから北京に行く機会など皆無なので、いまだそんな素敵な茶館には行かれずじまい。

かほりさんは、『北京なるほど文化読本』という本の中で「北京のお茶事情」なども書かれている大学の中国語の先生だ。僕が中国茶にはまった頃からのお茶仲間&先生。

でも、この本を開くと、かほりさんなどから話をお聞きしていた茶館のいくつかが掲載されていて、ちょっとばかり嬉しい気持ち。

著者の方は、ずいぶん前(1995年)に『中国茶』という本をかかれた劉YOKOさん。千年茶館の茶ナビゲーターとしても知られている。『中国茶』という本は、いまでも図書館などに入っているので、見たことがある人も居るかもしれない。茶が健康に良いのだということをテーマにしつつ、台湾のお茶の魅力を紹介した本だった。

今回のこの『中国茶のたしなみ』にも、基本的な中国茶の知識がもりこまれている。でも、やはりメインは北京の茶館。ついでに上海編とか杭州編とか出ればいいのに。そうそう、だれか、台湾の茶館ガイド作ってください。

でも、お店の情報はすぐに陳腐化するので、難しいかもしれないなあ。2月に作った「日本全国中国茶専門店・茶藝館リスト」も、相当手を入れないといま使えないし・・・。

ともかく、カラー写真が沢山載っているので、なんとなく北京の茶館の雰囲気が分かるこの本、興味のある人は、ちょっと捲ってみるといいと思う。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
身に余るご紹介恐れ入ります m(_"_)m
箱ちゃんは、中国人の方とご結婚されて
ご実家の方にいらっしゃるはずです。

北京の茶館。。。もうキリがなく増殖してます。
自宅に素敵な茶室をしつらえているお家も少なくありません。
ぜひぜひいちど、ご自分の目で確かめにいらしてください。
2008/08/26(火) 19:53:42 | URL | かほり #PXAqqUm2[ 編集]
かほりさま

コメントありがとうございました。
箱ちゃん、そうでしたか。ご実家の方にという話はお聞きしておりましたが、中国の方とご結婚ですか。

それにしても、本当に一度、北京に言ってみたいものです。是非、その際にはご案内くださいませ。
2008/09/03(水) 17:28:55 | URL | tearecipe #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。