中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
文山包種茶-金萓
tr20080914-01.jpg

父親の四十九日法要。
ようやく一段落。
奇しくも今日は中秋節。
月もとても綺麗な夜

喪明けなので、久しぶりに姉の家族も交えて、美味しいお茶を飲むことにした。

最初に飲んだのは、坪林の文山。
品種は金萓。
金萓はあまり好きだとは思わない品種なのだが、物によってはおいしい。
それに比較的万人受けする茶なので、まずはと思いこれをだしたら、かなり評判が良かった。

お茶のデモとは、茶香好友の三田さん。

彼の好みという少しだけ青い香のするお茶だが、金萓の文山ということもあって、それらしい香がする。

tr20080914-02.jpg

最近の慣例どおり、マグに茶葉をいれ、湯を注ぐ。
良いお茶はこんないい加減な淹れ方でも十分美味しい。
茶葉もそんなに必要ないし、何倍でも飲めるのが嬉しい。

もちろん、姉貴の家族には、ちゃんと工夫茶式に淹れてあげたのだが。

そのほかにも、東方美人と梨山高山茶。
美味しいお茶で喪明けするというのも、悪くはない。
どうせなら、こんなお茶をまだ元気だった父親に飲ませればよかったなと、ちょっとだけ思ったりする。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
そうですね
> 美味しいお茶で喪明けするというのも、悪くはない。
> どうせなら、こんなお茶をまだ元気だった父親に飲ませればよかったなと、ちょっとだけ思ったりする。

以前、茶友のご母堂が亡くなられた折、梨山を献茶させて頂いた事がありました。
その時、茶友が同じことを言っていた事を思い出しました。

今度実家に行った際に、両親にも飲んでもらおうと思います。
2008/09/15(月) 21:14:40 | URL | (株) #xLX.15KQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。