中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
中国茶藝館 陶然庭
tr20091025-だ。01.jpg
大阪金融ビジネス街として名高い北浜と、薬問屋の町として有名な道修町の丁度境界に位置するのが、中国茶専門の茶藝館「陶然庭」。

道修町には、薬の神様として有名な「神農」が祭られた神社、少彦名神社があるが、この「神農」は、お茶の神様でもある。その神農さんのすぐ裏手にこのお店があるというのもなにかの縁。

陶然庭は、2002年9月にオープンしたそうですから、もう7年の歴史のあるお店。大阪にあるいくつかの茶藝館の中でも、その品揃えはトップクラスといえる。本格的な中国茶を楽しみたい方は、陶然庭に足を運んでみるとよい。

tr20091025-02.jpg
tr20091025-03.jpg



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。