中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
もう一つの原点、鳳凰単叢蜜蘭香
tr20091024-03.jpg

久しぶりに単叢を飲んだ。この単叢、僕にとっては原点みたいなお茶。まだ日本で単叢がそんなに有名なお茶になっていなかった12~3年前のこと。京都のメランジェで出会ったのがこの単叢だった。

僕の原点は香港の鉄観音。だけど、もう一つの原点は、鳳凰単叢の蜜蘭香。

その原点みたいなライチの香のする単叢を飲むと、お茶探索に熱心だった頃のことを思い出したりする。もう、いまさら、あんなに沢山の違うお茶を飲みたいと思わないけど、それでも、こうしてあの時の熱意を思い出させてくれるお茶と向き合うのもたまにはよいなと思う。

tr20091024-01.jpg

単叢のごく上品は、それこそ25gで数千円~数万円。このお茶を販売しているメランジェだって、通天香も25g9000円もする。

にも関わらず、このお茶は50g1800円台。なんとリーズナブルな。もちろん、日本茶に比べると高いお茶だけどね。

tr20091024-02.jpg

あれやこれやにお引取り頂いて、大分数もへってしまった茶壺のなかでも、処分できないお気に入りの倣古壺で、じっくりと淹れる。甘露、ここにあり。

鳳凰単叢 at ラ。メランジェ





にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。