中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
東京下町の小さな中国茶専門店「小梅茶荘」
P1040293

かの東野圭吾の小説「新参者」で最近たくさんの人が押し寄せるようになった人形町。僕にとっては職場の隣町であり、浜町からの朝のウォーキングコースの途中であり、さらに、グルメランチ散策コースでもある町なのだ。茶一があったころには、結構な頻度で訪問していたし、夏の火照ったような暑さがひいた秋には散策コースのメインが人形町である。

ここに、去年の頭にオープンした小さな路地裏の茶荘があるなんて、老茶狂さんに教えてもらうまではぜんぜん知らなかった。

そういえば、Twitterで新しいお店の情報が時々流れてきたりするし、食べログでもいち早くお店の紹介をする人たちがいて、そういう速報性のある記事を書かないのは、All Aboutグルメサイトの一角をしめる[中国茶]のガイドとしてどうなんだろうと疑問を呈されても仕方がないほどの為体である昨今の僕であるからして、人形町のよく歩く道の一本東側のお店などというものの情報がなくても、いやあそれはやむを得ないことよのう、あははと、まあ笑ってみてもいいのだけれど、聞くところによるとおいしい岩茶が飲めるというはなしなので、思わずならば行ってみるかなと思い腰を上げた次第。

P1040305

お店のいんしょうやら紹介は、一番したのAll Aboutの記事を読んでもらうにして、この小梅茶荘の一番のお気に入りは、やはり居心地がいいことだろう。中国茶のお店にいくと、すっかりうんちくを語られてしまったり、自分の意図したお茶ではないものをしきりに勧められたり、意見を強要されたりで、なんだかすっかり疲れてしまうことが多くて、本当に最近では、茶荘なるところから足が遠のいてしまっていた。

でも、ここでは、小梅さんが入れてくれた優しいお茶をふんわりした空間の中でひたすら飲ませてもらうことができる。番頭さんの朴訥とした感じが、その空間にさらなるほっこり感を加えてくれる。そんな居心地の良いお店、なかなか見つからないよなあと、すっかり尻に根が生えそうになるのをこらえながら、いくつかのお茶を試飲させてもらった。

これからの季節、会社帰りに浜町まで歩く散策の途中、ぜひとも毎回立ち寄りたいお店というところだろうか。

AllAbout[中国茶]サイト
小梅茶荘

大紅袍を試飲


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。