中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
『茶都に学ぶ』
『茶都に学ぶ』

角川から一冊の本が届いた
『茶都に学ぶ-私の杭州中国茶留学』

著者は宍戸佳織さん

宍戸佳織さんといえば、早稲田大学で書かれた『中国宋代における茶の加工法の変化と闘茶』や『中国茶文化と茶館』といった論文を以前拝読させていただいたことがあった

学術的な切り口で、茶芸や茶文化を紹介する方だ

この本は、そんなバックボーンとともに、彼女が杭州で中国茶のあれこれを学んださまざまなエピソードが紹介された本である。

杭州の有名茶館レポートなども紹介されており、お茶修行や杭州に興味のある方には、おすすめの一冊である。


『茶都に学ぶ-私の杭州中国茶留学』
著者:宍戸佳織
出版:角川書店
発売:2010年09月 21日
定価:1260円
ISBN 978-4-04-653729-4-C0095



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック