中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
国産烏龍茶
やぶきた包種茶(奈良産)

随分昔、奥八女でやぶきたを使って包種茶を作ったことがあった。それ以来、やっぱり品種的に日本茶品種は青茶にはむかないのだと思い込んでいたのだが、最近あちこちで作られるようになった日本茶品種の国産烏龍茶は、なかなかに侮れない。

国産紅茶は、いぜんFTEAでリンアンの堀田さんなどが全国から集めた35種類ぐらいのものを集めて飲んだことがあったけれど、当時ウーロン茶は数件しか売られてなかった。しかし、最近では、製品化して結構沢山うられているのにおどろいた。


たとえば、ネットでググればすぐにざっとこんなのがヒットする。


知覧烏龍茶
http://shinkouen.ocnk.net/product-list/27
香寿
http://lanting.jp/?pid=33308751
花いろ烏龍茶
http://www.yamasen-cha.co.jp/freepage_73_1.html
狭山烏龍茶
http://www.yoshinoen.gr.jp/oolong.htm
有機栽培日本の烏龍茶
http://www.kwfa.gr.jp/kakusyouhin/uuron-m.html
国産ウーロン茶:蒼風
http://cha2962383.ocnk.net/product/128
ウーロン茶 べにふうき
http://cha2962383.ocnk.net/product/30

時代は変わったのだなあ。
今年になってから、大阪で作ったというお茶や奈良の大和茶烏龍というものを御裾分けしてもらったんだけれど、昔出回っていた国産烏龍茶とはまるでちがって、あたかも台湾の包種茶のような味わいで驚いた。それだけ台湾の製茶技術を学びに行っている人が多いということなんだろう。

普通のお茶好きも、趣味が高じて台湾でお茶作りの研修を受けたりする時代、プロの日本茶製造者がおいしい烏龍茶を作れてもいい。ただ、これが流通として出回るかというと、まだまだマニアックなお茶好きに好まれる程度か。

採算にベースに乗るようになれば、おいしくて品質のよい国産包茶を安く手に入れることができるようになるので、それはそれで歓迎なのだけれどね。国産紅茶の盛り上がりほど、国産烏龍がいまいちなのは、日本茶とバッティングするからだろうか?まあ、日本茶風味のお茶は日本茶があればいいということになっちゃうというのも分かることは解るのだけれど。

ともあれ、10年ちょっとの時間でこんなお茶が存在するようになったのかというのは、結構な驚きであった。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。