FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
奇來山高山烏龍茶2005年春茶
b200504251.jpg


台湾の高山茶の中で、この奇來山というのは印象深いお茶だ。まだ台湾のお茶のことを何にも知らなかったころ、知人から送ってもらったお茶がこの奇來山だった。

それまで知っていたのが阿里山と梅山、そして玉山ぐらいで、梅山の妙に強い味わいのお茶や、玉山の透明度の高すぎるお茶などに、ちょっと腰がひけていたときに、このお茶を飲んだのだった。

いわゆる中火に仕上げられていた奇來山は、それまでのお茶とは一線を画すような甘やかな味と香りで、こんなお茶もあるんだと、台湾茶に少しだけ目を向かせるきっかけになった。

それから何年も過ぎて、梨山や杉林渓などの好みのお茶と出会ってしまったので、正直いうと、いままですっかり奇來山のお茶のことを気にかけなくなっていたというのが正直なところだろうか。

盧山にも近く、火入れも好みの盧山に似たこの2005年の三宝園でであった奇來山は、当時のあのお茶にとても似ていた。

今年は原点に返らないといけないのかもしれない。なんだかあれこれと手を出して、なんだかあまり考えずに、ただ飲み散らかしてきた感じの台湾茶だったが、すこし向き合ってみようかな。

このお茶の甘やかな味と香りを楽しみつつ、そんなことを思っている。







にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック