中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
旅にでたい
b200504261.jpg


証券取引法の国会審議が佳境だ。明日は会長について衆議院財政金融委員会に出かけなければいけない。そのために連日の資料つくり。

そんな中で、ふと想定問答の作成の手が止まってしまったときに考えるのが、「旅に出たい」ということ。

もちろん、旅の形にはいろいろとあって、日常の中でも旅はできるんだけど、こういうときに考えるのは、全くの日常から切り離された、山深い一軒家の温泉かなんかのことなのだ。

テレビもラジオも、ましてやネットなんかもない、不便極まりない宿で、もう、寝るか食べるか、風呂に入るしかすることがないような場所で、満天の星を見ながら普段は考えもしない人生について思い切り考えてみたくなったりするのだ。

一冊の本と手軽にお茶を飲めるボトルを一本。デイパックに詰め込んで、低山彷徨するのもいいかもしれない。文山包種茶の茶葉を入れたボトルに、おいしい湧き水を淹れて持ち歩いては、気が向くと木下で本を読みながら一服するなんていう生活をしてみたいものだ。

でも、これは日常の中で仕事に拘束されているから思うこと。きっと、なにもないなかに放り出されたとたん、時間をつぶすのが苦になるのだろう。それでも、風の音や小川のせせらぎ、温泉に浸かる音なんかを聞きながら、頭の中を真っ白にしたくなる。

現実逃避を夢見ながら、あともうすこし。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。